スナックと深夜酒類提供飲食店の届出

スナックは深酒の届出で大丈夫なの??

スナックは、一般にママを中心に(ママだけのところもありますよね)カウンターややボックス席でお客さんを迎えてお酒を提供する、、、そんなお店ですよね。キャバクラなどと比べると料金は低額、お客さんやキャストの年齢層はやや高め。
談笑して、カラオケして・・・キャバクラと内容は同じ部分が多々ありますが、
違うところと言えば・・・やはりその雰囲気でしょうか。

人生をいろいろ経験した人々が集う雰囲気、どの年代の方々の喜び、悩み、苦労はその年代のママ、キャストではないでしょうか。
だからスナックって「憩いの場」としてずっと人気なんでしょうね。

スナックは基本的に「接待」がある

「接待」ってよく聞きますよね。ここで言う接待とは「風営法」での「接待」です。
風営法では、特定のお客様に対して「歓楽的雰囲気を醸し出す行為」を「接待」と言います。
これは、言ってみれば「特定のお客様とイチャイチャして男女のいい雰囲気を出すこと」を言います

「特定のお客様の隣につく」「カウンター越しであっても特定のお客様と話している」「デュエットする」「お酌をする」などの行為は、「接待」とみなされる可能性はとても高く、この接待をするには「風俗営業許可(1号許可)」が必要なんです。

「1号許可」とは「接待を行うのに必要な飲食店が取得しないといけない許可」のことを言います。

「深夜酒類提供飲食店営業届出」はスナックに関係あるの?

上記にもご案内してきましたが、「接待」行為のあるスナック営業をするのであれば「風俗営業許可」を必ず取得しなくてはいけなく、
「深夜営業の届出」は全然関係ありません(さらに言うと「風俗営業許可」と「深夜酒類営業の届出」は同じお店で同時に手続きできません)。
「深夜酒類営業の届出」はあくまで「お酒を提供する飲食店が深夜営業をするための届出」であって、ベースは「飲食店」なんですね。
なんでお店のキャストが積極的に近づいていちゃつくことはサービスの内容となっていないのです。

逆に、「接待はしない!」というスナックであれば「深夜酒類提供飲食店営業届出」で大丈夫です・・・ん???
むしろ「深夜営業をしない」「接待はしない」のであれば深夜酒類提供飲食店営業届出を提出する必要もなく
「飲食店営業許可」のみで大丈夫なわけです。
先ほどもお話した通り、お酒を提供することがメインの飲食店が深夜営業をする場合に必要なのが「深夜酒類提供飲食店営業届出」です。
「深夜酒類提供飲食店営業届出」=「風俗営業許可」ではなく、「深夜酒類提供飲食店営業届出」で何かをごまかせるわけでもありません。

だけれど、、、、
「接待をしないスナックてある??」
もしかしたらそれが警察の考え・ホンネかもしれません

しかし・・・本当に接待を行わずスナックを行うのであれば
しっかり風営法のルールを勉強して手続きに臨んだほうがいいでしょう。特に「接待」についての勉強は必須です。
警察の立ち入りがあった際、「それは接待だよ」と言われないよう注意しないといけないからです。

「接待をしない、あくまで飲食店という立場でスナックを行い、そして深夜営業をする」というのであれば
「深夜酒類提供飲食店営業届出」の手続きが必要になります。
そのためスナックが深夜営業を行うためのポイントを下記にご案内していきます。

スナックの深夜営業のポイント

まずは用途地域のチェック!

まずは店舗の住所が「どんな用途地域なのか」確認をしましょう。すでにスナックを行っている方も「周りに同業者がいるから大丈夫よ!」ではなく必ず確認してください。基本的には「商業地域」「近隣商業地域」でないと深夜営業をすることはできません

店舗を新たに借りるときにも必ず用途地域をチェックしてください。不動産屋さんに聞い「この場所はOKですよ」と言ったとしても必ず調べましょう。確認する先は市区町村の「都市計画課」です。

このタイミングは非常に大切です。間違えると大きな損害が出ますからね。家賃や内装工事・・・、無駄にしないようにしてくださいね!

店内の構造、廃止されているもの、レイアウト

居抜き物件を借りるときには特に重要!
ここも間違った判断をすると大きな損害が発生しかねない重要なタイミングです。
カウンター、イス、ボックス席の仕切りなどの高さには注意してください。基本的には1メートル以上のものは客室の中には設置できません。店舗を借りる前に、こういった構造・設備について必ず確認しましょう。

接待を行わない

「深夜酒類提供飲食店営業届出」を行うと、「風俗営業許可」を取得することができません。
同じ店舗で両方の手続きをすることは風営法上できないことなのです。
ということは、深夜酒類提供飲食店営業届出の手続きをした以上「接待をすることができない」ことになります。

ですから、深夜酒類提供飲食店営業届出をした場合は「接待をしない」という覚悟が必要です。

うちは基準をクリアしているかな?不安な場合はまず相談

深夜営業を行うのには、いろいろな基準をクリアする必要があります。

参考 重要】深夜営業の「クリアすべき基準」hukazake1.5

ですから先にご案内した内容は、あくまで最低限の注意すべきポイントです。

「もし、基準をクリアしていなかったらどうしよう・・・」
「基準をクリアしていないのに築かなくて、大きな出費が出たらどうしよう・・・」

そんな不安があると思います。

そうならないためにも「深夜営業の手続き専門の行政書士」にご相談することをお勧めします。
損害が出てしまうと大変なことになりますから、そうならないためにも専門家の意見を聞いたほうが良いですよね!